雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

宮崎監督引退記者会見

 今日は縁あって宮崎監督の引退記者会見をツラーっと見ていた。
先日、やらかしやがったこの野郎!なんて激しく憤ったわけだが、自分のしょうもない半生においては、わりと氏の作品にかけた時間やら影響ってのが小さくはない。
 それ故に、監督らしい言い回しや発言を聞くにつれ、正直残念というか悲しい、まではいかないまでも、ちょいと切ない気持ちになったのは事実だ。

 アニメ監督の引退会見なんざ聞いた事ないとの揶揄も聞かれますが、実際それだけの作品を沢山世に送り出しているわけで、その点についてはなんの不思議もない。
 縁のあるイタリアやフランスのメディアは勿論、シナ朝鮮のメディアがくるのも当然ではある。
流石に「引退は安倍政権が原因ですか?」なんてバカな質問をする記者こそいなかったものの、シナのメディアが先の憲法発言について質問していた。んな事ぁ後で聞け!ボケ!とも思いましたが、まあそれに対する受け答えが また、「らしく」てなんとも微妙な表情をする須藤でありましたwなんでも鈴木プロデューサーが別の場で憲法について発言して脅迫までされたとか?いやまあ、うんでも、つうか・・・・ふんぎゃああ!!って感じといえばいいんでしょうか、そりゃ私も「何このジジィ言ってやがる!」と思いますし、今も思いますけど脅迫なんてしちゃあねぇえ・・・。
(造らなくても良い敵作っちゃてどうすんの。)
 んでもって、「的をぼやかすために」みんなで書いたとか。まあ、それもらしい、といえばらしい。まあねえ、夢や希望の作品を作る人が夢や希望を語らなかったら、それはそれで嘘になるでしょうけど・・・。しかしなあ・・・・。

 まあよい、ぶっちゃけ作品を作る上でも頑固親父な気質でありましょうから、どうにもならぬ。
 良い作品を作る事とその思想や人間性は必ずしも一致しない。
(余談ですが、古い友人が監督の下で働いた事があったそうですが彼は「宮崎?あああのキチガイ?」と大層憤っておりましたw。アニメーターならむべなるかなw)

 無自覚に平和を享受し、作品作りに傾注できた現実を無視した楽天家なのか、骨髄までサヨク思想に侵された鬼才なのか・・・。それともそれ以外の何者なのか。今の私にゃあ断定できない。

 先の発言を受けて、不支持の表明として最後の作品、風立ちぬは観ないと決意はしたが、正直な気持ち最後の作品ならば手向けとして劇場で観るべきではないか?とちょっと迷っていたりする。
「・・・・あんたの思う壷にハマってやらぁ。腹ァ抱えて笑うがいいぜ」とばかりに観るか、な・・・・?

 いずれにせよ、生み出した多くの作品に感謝したい。お疲れ様でした。

(でもやっぱり先の発言に対しては何いってやがるボケ!!との思いは変わらない)
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/09/06
Trackback:0
Comment:10

Comment

*

 いいですねぇ~。物事を深く考えても考えなくても、頑固親父にはなれますからねぇ。
 「あああのキチガイ?」と怒っておられた御友人も、頑固親父の道を突き進まれるんでしょうね、きっと。

 それはそうと、最後の作品は、見て置くべきだと思いますよ、それこそ左翼の好きな「総括」になっているか否か、なんですから、確認しておくべきでしょう。
 あんな「体力が無くなったから引退」だなんてふざけたこと言ってちゃ、左翼が泣くってもんです。「左翼は定年退職」。これが決まりです。
 まあ「町工場の親父なんです」、と言ってたから、根本は決して社会主義思想の持ち主ではないと思いますけどね。
 で、町工場の親父なら、作品をつくってる途中で倒れるべきですよ。「引退?まむしドリンク飲んだから復活した」、って。
2013/09/07 【再起(せき)SR400】 URL #- 

*

>>再起さん
結局観てきました。
結果は・・・・CMの後!

なんて引っ張る事もなく、一言で言えば、「宮崎監督が自分が思うように好きに作った「日本映画を標榜した映画」
であり、最高傑作は傑作だろうけど、正直これまでの作品を踏まえれば駄作どころか、基本をも踏み外した盛大な失敗作」ってところですな。

って、一言じゃないw
監督は左翼でも共産主義者でもないですよ。
稀代のアニメーターであり、ちょっと夢見がちな飛行機好きな永遠の青年ってところでしょうか。
2013/09/08 【須藤侠太郎】 URL #- 

*

 なぁるほど。思いっきり子供、ってわけですね。
良いじゃないですか、素晴らしいことじゃないですか。これでみすみす名作をどぶに捨てなくても良かった、という事ですね。

 だったら彼は「転向右翼」赤尾敏の道を、歩む可能性も出てきたってことですね。
 そうなったら、是非とも鬱陵島に住む少年が竹島の不法占拠について素朴な疑問を持つ、なんて短編映画をつくってほしいものです。
 続けて与那国か、石垣島の若妻が尖閣沖に漁に行く夫のことを想う、とか。対馬の坊さんが盗まれて御本尊のいなくなった仏壇に向けて毎日読経をしている話とか。
2013/09/08 【再起(せき)SR400】 URL #- 

*

しかし半藤一利に入れ込んでますからねぇ・・・・。
それと、私はあれを名作とは思いませぬ。
おっと、次のネタに書くことにします。
2013/09/08 【須藤侠太郎】 URL #- 

* おひさです。

須藤侠太郎さん、こんにちは。
早速遊びにきました。

宮崎監督の作品って映画館で見たことないです。

なんでだろう?映画館いって「風立ちぬ」やってても「謎解きはディナーのあとで」と「銀魂」を見てしまったし。。

作品がよければ製作者はキチガイでいんですよね。
社会的地位があると勘違いさえしなければ。




2013/09/11 【シエル】 URL #- 

*

>>シエルさん
いらっしゃいませシエルさん。
わたしゃこうみえて、嘗ては公開初日とかに見てたんですよね。紅の豚とか魔女の宅急便とか、果てはニートキラーの耳をすませばとか。
それだけに先の発言には愕然としたし、最後の作品たる風立ちぬの出来にはがっかりです。
なるほど、「もう長編作品は作れない」のだと納得もしました。

声優は顔を出さない方がいい、みたいなものでクリエイターは個人をあまり出してほしくないし、その意味でプライベートを出さない織田裕二や高倉健はプロフェッショナルですな!立場は違いますけど。

それはそうと銀魂って名前ぐらいしか知りませんが、それはシエルさんが┌(┌^o^)┐な属性だからでしょうか?

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
2013/09/11 【須藤侠太郎】 URL #- 

*

おはようございます。

私は単純にカリオストロの城とか、ナウシカとかトトロとか見ていたので、アニメに思想平和エコの匂いをつけるマスゴミ報道に疑問です。

もののけ姫のタタリ神みたいな┌(┌^o^)┐が出てくるところが相変わらずセンスいいですね。(*´∀`*)

はい。┌(┌^o^)┐な属性です。ふはははは。

それにしても、銀魂とかコードギアスのような近未来属国日本ってイメージを持つ学生たちに、いまさら左翼機関紙ゲン漫画を読ませても感動などないと思いますね。
2013/09/13 【シエル】 URL #- 

*

とりあえず、とりあえずですよ、戦争はアカンし平和なのが良いのは当たり前です。
そんなともすれば楽天的、夢想を大真面目に語る日本のアニメーションが日本の子供たちの平和だったり、人とのつながりだったり優しさを醸成したってのはひとつの側面としてあると思います。
その意味で私はそういった日本のアニメ等は否定しません。
嫌なのはそれを利用したりつけこんだりする連中ですのう。
すべからく物事と言うのは他人に呼びかけられたり言われたりして判断するのではなく、自分自身の頭で考えて結論を出すものだとおもうちょります。

因みに、はだしのゲソとかネタにも寛容(無頓着)なはだしのゲンは何気に嫌いじゃなかったりします。ですが、それは「これは大間違いなプロパガンダ」と認識した上での「所詮ネタだし」という捉え方が出来るからであって、右も左もわからぬ素人にはお勧めできない諸刃の刃だったりします。

・・・・・・・・なんだかレスになっていないような気がしますが(汗。
2013/09/13 【須藤侠太郎】 URL #- 

*

まったくもって、おっしゃる通りです。

ありがとうございました。

アニメや、漫画のテーマや構成要素なら全然問題ないんですね。

現実は「この表現がまずい、クレームがくる」とかで人権問題で縛られている製作者の多いこと。

日本には多くの才能あるクリエータがいるのに、なかなか世の中に出てきにくいようです。

はだしのゲソは確かに「諸刃の刃」ですね。

表現の自由な国日本、クールジャパンですから、手塚アニメ、宮崎アニメと共に、これからのアニメにも期待しています。
2013/09/13 【シエル】 URL #- 

*

>>シエルさん
いえいえ!なんだか恐縮してしまいます。

世に出にくいクリエイターってのは確かにありますねえ。
それでもしっかり活動しているあたりそれなりに儲かったりしてたりするんでしょうか。KOKIAさんとか人間椅子(笑)とか。
所詮、テレビやメディアが舞台の中心であったり、オーディエンスが自分で考えたり探さない風潮ってのが癌な気がします。

それと手塚治虫と言えば、鉄の旋律って短編集?に含まれている「悪魔の開幕」って作品がもろに反右翼的な感じでなんともはやって感じです。あまり知られてないんでしょうね。サヨッキー側からしたら格好の支援材料みたいなもんですが。
2013/09/13 【須藤侠太郎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/92-72757f74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。