雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

ホワイトハウスダウンを観て来た。

ホワイトハウスダウンといふ映画を見てきましたよっと。

http://www.whitehousedown.jp/

一言で言えばホワイトハウスが占拠されて、てんやわんやの状況の中、たまたまシークレットサービスを志望して面接を受けに来てたおっさんが、どっかんどっかんやっていたら色々丸く収まるって話ですな。

まあどうこうゆう映画ではありませんのう。
アメリカンバカ映画って感じですw
それでいて、最後に謎の感動があるあたり、「くそっ・・・こんなので・・・w」とさせられるあたり、一筋縄ではいきません。
しかし、人間長い間映画を見ていると目が肥えてくるというか、つまらなくなるというか。
無駄に2時間越えの冗長な映画でもあって後半は「まだ続くの?」って感じなのが困ったものです。

この手の映画はリアルを感じさせなきゃ、一気にさめてしまうわけで、占拠に至る過程や手法のリアリズムはさておいても、登場人物のふざけっぷりがなんともゲンナリです。
上半身タンクトップに直に装備をつけ、髪を後ろに乱雑に撫ぜ付けた口ひげの粗野なおっさんとかもういいですから!それと、お決まりの後半の仲間割れ。
合間合間でちょこちょこ出てくる大統領と主人公のシュールな(ダダすべりな)やりとり。

似たような映画で、ニコラスケイジさんのTHE ROCKってのがありましたが、数段・・・いやさ数十段落ちますのう。

あー!あと、これまたお決まりのキチガイのコンピュータ担当w
そいつがハイになるシーンでは仰々しいオーケストラのBGM・・・・。
いやもう、勘弁してくださいって感じです。

まあ観るべきところが全く無いわけではなくて、ネタばれになるので詳しくは言いませんが、
後半の「法にのっとって手続きをする」って部分がなんとも不気味でちょっと考えさせられましたな。
よく、隣の大腸菌国家に対して「法治国家か?!」みたいな批判がありますが、
すべからく法にのっとってやるってシステムはそれはそれで不気味というか。
結局物事バランスが大事だよなあ、と思った次第。
思えば、終盤のアレのアレが序盤の伏線だったアレをやったら、現場が自己判断で動いたってあたり、
命令違反やないかいwみたいな。
ってーか、そのシーンもニコラスさんのパクリだと思いますwぶっちゃけ。

サービスデーだったんで1500円だかで観れましたけど、2000円でこんなんみてたらそりゃ映画も衰退するわなって感じもします・・・・。


スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/08/22
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/89-6604e97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。