雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

明確にしておく

青山さんも激おこの今回の騒動。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21489718

政治の世界はよう分からん。
結局しなくてもいい撤回とかやっちゃったら連中の思うツボでしょうに・・・・。

ただ、正直なところ青山さんもちょっとは苦言を呈するかと思ったら、まさかの全力擁護。
うーん、ちょっと無理やり感があるような気がしますが・・・・。

今回の件、もう触れないというのも手ですが、さりとて知らん振りってのもなんだかあれなので、
自分の考えを整理してみる試み。

まずは改めて発言内容を今一度精査する。
http://blog.esuteru.com/archives/7248137.html

ちょっとソース元としてはアレですが内容に問題はないのでまあよい。

全体の流れは問題はない。
ただ、後半話がごっちゃになるんですね。
静かに議論する。自民党内では喧々諤々やったけど怒鳴りあいはない。
ってな話をしているうちに、スルッ靖国の話になるんですね。
で、「参拝は静かに行えばいい」という話になったと思ったら、

(以下引用)
だから、静かにやろうやと。憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。だれも気づかないで変わった。あの手口学んだらどうかね。
(引用おわり)

となる。
ごっちゃになってる。
と、いいますか、正直どうみても「騒がないでいつの間にか変える手口を学ぶ」としかとれません。
もしかしたら、頭の中ではそうゆうつもりではなくても口をついて出た言葉があの通りになっただけかもしれません。

まあ、連中、つまりは今回のような事で騒ぐ連中にとっちゃあ「失言」でしょうさ。
でもね、針小棒大にあげつらうような話ではないし、ましてやどこにもナチス賛美なんて部分はない。
ってーか、ナチスと出ただけでしゃしゃりでてくるユダヤ人団体もうっせえわ。
ああもう!

こんなん、わざわざ記事にしなけりゃ大事にならんでしょうに、わざわざ記事にするバカがいるからややこしくなる・・・。
記事書いたバカ記者、死ななきゃいいなあ!
いやほんと。
真相を明らかにしてからだったら、いくらでも死んでくれ。
ついでにキャップやらチェックに関わった連中全員だ。
100人ぐらいにもなるかな?
まあよい。

しかしまあ、所謂「保守」の側が「問題はない!」と声高に主張したところで、
もともと聞く耳を持たない連中に対しては届かないばかりか、
叩きたい側にしたらいくらでも叩くだろう。
その意味では間違いなく失言ですよ。

とりあえず、真意が伝わりずらいような言い回しはもう止めてください。
お願いします。

それと、今回付け火して煙を喜んでいたメディアの連中は地獄に堕ちろ。



と、無理やり苦しい胸中を書き連ねてみた。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/08/01
Trackback:0
Comment:2

Comment

*

 ところで「付け火して 煙喜ぶ 田舎者」ってのは、自分のことを笑っているのではなく、退屈な村の毎日を、退屈しのぎに不要な諍いの種をまいて(又は意地の悪い噂話を流して)いざこざが起こるのを見て、面白がっているどうしようもない田舎者共、と言う意味だったんですね。言ってみれば村中から虐められ、嬲られていた、それも初めは刃傷沙汰で。
 丸山健二、だったか、信州に住んで、地元民のどうしようもない余所者蔑視に閉口した、と言ったようなことを書いてたのを思い出しました。
2013/08/02 【再起(せき)SR400】 URL #- 

*

お久しぶりです。
コメントもしないのにコメントいただいて恐縮です。

付け火して、を書いたその真意はなんとも皮肉です。
何気に頭の良い人だったのかもしれません。

しかしまあ実際のところ田舎、それもあんな辺鄙なところでは、あんな感じなんでしょうね。
閉鎖的というかなんというか。
うちはあそこまで田舎ではありませんが、なんとなく感じはわかります・・・・。
2013/08/02 【須藤侠太郎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/80-5a90ed84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。