雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

珍しく褒めてみる。

いつもはこき下ろしている某妄言耄碌ジジィコラムだが、今日は珍しく褒めてみる。
http://www.iwate-np.co.jp/fudokei/y2013/m06/fudo130629.htm

まあ、ちょろっとでも「国の政策に翻弄された・・」なんてねじ込むのは左翼思想の悲しさ故だが、どうせこの病気は治らないのだろうからさておく。

今回褒めてみたい部分は最後の一文だ。
「夢や希望を共有する大切さ」
個々の力は微々たるモノでも、団結して力を合わせれば大きなものになる。
かつての日本の先達の皆様はそうやってシナ、露を打ち負かした。
また戦後は高度経済成長も成し遂げた。

えてして左翼病の連中はそういった道徳的観念を憲法に盛り込むのが不愉快な節がある。
まあ、分からんでもない。
人の心は法で決めるものではないと私も思う。

では、社会の木鐸を標榜するならば、そういった観念、そして夢や希望の大切さを世に問うたらどうだ。
ちょこっとでもそんな要素が含まれている今回の駄文はちょっとは褒めてやろうと思う。
まあ、どうせ直ぐにアベノミクスがーだの格差がーだの言い出すんだろうけど。

何でもかんでも希望を煽れとは言わない。
左翼新聞の総本山、朝日新聞がかつてしたように戦争で日本ウハウハwwwwみたいのは間違いだ。
まっすぐ物事を捉えた上で、公平な視点での希望を語る。
それでこそ存在意義もあろう。

ただただ、日本が悪い、政権与党が悪い、シナ様、朝鮮マンセーでは、
あんたら外患誘致で死刑ですよ?
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/06/29
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/63-903f9a65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。