雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

どうなるんだろう

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130312-00001637-yom-pol

いよいよ、というか既定路線だったというか、TPPの交渉参加表明の勢いです。

ISD条項や特定品目の関税などの問題を骨抜きに出来るのなら参加してもかまわないと思いますが、一体どうなることやら。
一部の守銭奴がウッハウハwwwな展開は勘弁です。

しっかしまあ大勢が反対してるんですがのう・・・・。
昨日、農業関係で3000人の反対集会がありましたが、1億3000万人分の3000では微々たるものか。
だって、あんたら目に見える形で反対してなかったでしょ?といわれればそれまで。
それすなわち国民自身の姿勢の表れ。
まあ、世の大半は賛成だ反対だ以前に「無関心」なんでしょうな。
なんて事をほざく私自身とて、デモ活動などまでしているわけではないのででかい口を叩けないわけですが・・・。

先の日米首脳会談で骨抜きに向けての期待が高まりましたが、事此処に至ってもメディアではISD条項等の他の問題についてはあまり取り上げませぬな。
そして「農業」にばかり焦点を当てる・・・・。

首相自身も野田ブヒーさんが発言して散々叩かれた「アジアの成長を取り込む」なんていってるし、もう何が何やらって感じですのう。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/03/13
Trackback:0
Comment:4

Comment

*

 おかしいですねえ。最近、「交渉参加であって参加ではない」という言い方を誰もしなくなった。
 勿論、交渉参加だけして、参加は国会で決めるんだから、という事は言える。けれど、現実問題、絶対反対、と言い切る党は大した勢力、人数を持ってない。自民党しだいだから、自民党が交渉に参加する=TPP参加という線は強い。
 
でも、三ヶ月だったか、待たなければならないんでしょう?それにただでさえ今からじゃ、もう周回遅れどころではない、絶対、不利だ、って。大体、こっちが決めたってあっちの議会が反対すれば駄目、なんておかしなことばかりです。

 それでも、じゃあ、TPPに参加しなくて、何か好転するものはあるのか、というとそれは全く何にもない。参加する、姿勢を見せるだけ、という手は?それによって日米安保など色んな裏取引をする。
 これだけ、「アメリカに協力しようとしたけれど、結局結論は国会で否定されてしまった」
 、という演技とか、
 「時間切れで交渉に乗り遅れた」
という演技とか、で、それぞれの顔を立てて、時間切れを待つ、ということも考えられないわけではない。

 何よりも、例の慰安婦問題の中山議員の言い方からすれば、「20万人もの娘を日本軍に目の前で浚われたなんて、韓国の親はどれだけ辛い思いをしたんだろう。黙って見ていたんだろうか。何とも悲しいことだ」と同じく「日本は国内政治がばたばたしていて、地震や原発事故で大変だったのに、『そんなことは知らない』とばかりにTPPが動いている。我々はそれでも誠意を尽くした。けど、分かってもらえなかった。仕方がない。これでは参加できない。とても残念だ」
 と、田舎芝居の一つでも打てば、結構だまくらかせるんじゃないか、と思ったりもします。
2013/03/13 【再起SR400】 URL #- 

*

ううむ、それはどうなんでしょうね・・・。
確かに国会で蹴るって最終手段もありますが、「おう、安倍っちよぅ、おめー国内もまとめらんねーのかよう」なんて引きずり下ろされる事になりやしないかと。

まあ、元々APECの中の四つの国が始めたTPPを何時の間にやらアメリカが仕切ってる段階でおかしいって話ですが。
2013/03/13 【須藤侠太郎】 URL #- 

*

何時の間にやらアメリカが仕切ってる

 そうそう。そこが一番の問題。だから、これは「環太平洋」じゃなくって「対アメリカ」、なわけだから、FTAでしかないんですよね。そうなるとこれからの数か月に東南アジアをどこまでまとめられるか、ってのが結構アメリカにはプレッシャーなんじゃないかな、と。
 それに大きいのは自民党劇場で、どれだけの芝居を打つか、です。まだ、安倍おろしはやれないでしょうから。演技だけはしっかりとする。その線から先日の二人の口げんかはプロレスだ、と言う人もあるようですが、マスメディアは自民党の団結を何とか崩そうと躍起になっているように見えます。
2013/03/14 【再起(せき)SR400】 URL #- 

*

色々な識者の間でも意見が共食い状態というか、あちらがああ、いえばこちらは別だったり、更にそれが賛成派反対派でクロスオーバーしてたりもうカオスです。

かくなる上は「交渉してみたけど、ちょっとアレなんでやめときますwテヘペロ」って展開を期待するのみ。
或いは先方さんの議会で撥ねられるか・・・・。
2013/03/15 【須藤侠太郎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/42-d77aa1e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。