雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

死んでもいやです

つらつらとヤフトピを見ていたら、イタリアはナポリでゴキブリが大発生だという。
うへぇ、そりゃたまらん、と思いつつ記事を読むと、何故か一緒に掲載されているゴキブリの画像に「画像は食用ゴキブリ」とある。

鳥肌ものである。
つうか、キーボードを打ちながら思い出し鳥肌で二度鳥肌。
つうか蕁麻疹が出そうな勢い。

しかしながら、「食用ゴキブリなんてあるのかよ?!」と気になると調べなければ気がすまない、
悲しい性。
とりあえず「食用ゴキブリ」と検索すると、日本の社団法人農林水産・食品産業技術振興協会ってところのサイトが出てきた。

タイトル「食用・薬用としてのゴキブリ類 」
ここでもまた鳥肌である。
更に思い出し鳥肌で、この短時間に4回の鳥肌です・・・・・。

まあ、なんでも日本では毛嫌いされてるゴキですが、他所の国だと食用だったり、薬用だったり、果てはペットだったりとそれなりに受容されているらしい。
冗談ではありませぬな。
他所は他所、うちはうち。
そんなグローバリズムはいりません。
つうかそれグロリズムだから!

ちなみにその食品産業振興協会の記事の締めの言葉。
(イカ引用)
試食までは薦めませんが、せめて日本人はこの生物界の大先輩に、もう少し寛容になれないものでしょうか。
(引用おはり)

・・・・・・・・・・・・・・・。
ふざけんな、冗談じゃない。

死んでもいやです。


余談
でもまあ、アレから新しい薬を作り出すとかなんとかそうゆう話もあるらしい。
確かに、あの脅威の生命力の源には何か有益な物質の存在があるのかもしれん。
・・・・・・・・。
ああでも、抽出した成分であってもアレを口にするなど・・・・。
チューチュー(想像中)

・・・・・・・・・軽く10回ぐらいは鳥肌が・・・・。

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/07/11
Trackback:0
Comment:4

Comment

*

何でも、隣国では普通に食用なんだとか。
さすが「4本足で食べないのは机と椅子だけ!」と豪語するだけのことはある、と思っていたら、そうですか、他にもあるんですか、そんな国が。
でも、「せめて日本人はこの生物界の大先輩に、~」って。何で「せめて日本人は~」となるんでしょうか。
「博愛精神の横溢した日本人なんだから」、ということなんでしょうか。そこまでお人よしなんだから、ということなんでしょうか。
あ!食用にする国が隣にあるから、せめて彼らを人間として扱いなさいと言うことか。・・・やなこったい。
2012/07/12 【再起SR400】 URL #- 

* Re: タイトルなし

大体日本でも薬にする地方があるってのが驚きです。
と、いいますか、「せめて日本人は」のくだりは別段深い考えも無いような気がします。
2012/07/13 【煎餅屋の鵺】 URL #- 

*

「せめて日本人は」のくだりは別段深い考えも無いような気が~?

 おわわわw~。それ、もっと怖いような・・・・。
 ところで、その恐ろしい地域って、どこですかぁ~?
2012/07/14 【再起SR400】 URL #- 

*

ググッてみたら結局、食品産業技術振興協会の引用ばかり。
眉唾な感じもしてきました。

と、いいますか口調がアレですな。
2012/07/14 【煎餅屋の鵺】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/13-8b9642d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。