雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

B級映画

最近きな臭い話ばかりなので、工作員要綱にしたがい当たり障りのない駄文を書くことにする。
ヒヒヒ。

先日、DVDレンタル屋さんにてゾンビクロニクル2なる映画を借りてきた。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%BE%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AB2-DVD-%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3/dp/B007KR78PG

前作、ゾンビクロニクル1は、手撮りのライブ感とチープさがあいまって、微妙なリアル感をかもしていたが、
今作若干赴きが違うようだ。
つうか、そもそも繋がりもない。
もっとも前作はヨーロッパ、今作はアメリカと舞台が違うのでつながりがある方が変なわけだが、そういった場合は前作のフォーマットを継承する事で続編を名乗るわけだ。
今作では前作のフォーマット「記録する」部分を、登場人物の一人がメモをとり、それを他人に託すという行動で一応の体裁をとったつもりのようだ。

他にも色々つっこみどころ満載で、なんだか久々にすがすがしいまでのB級映画を見た、というのが率直な感想。
弓矢を武器にしている人が「余裕があったら矢を回収しろ!」と言った矢先に、スルーしたり、せっかく手元にガトリング砲がありながら、ゾンビの大群を前にみすみすおっぽりだして逃げ出すとか。
それでいて、「腹案があります」じゃなかった「いい考えがある」ちゅーて、結局そのガトリングを使ったりと、もう支離滅裂。

とは言え、大半が戦闘に終始し、小難しい事も説教臭い事もなく、最後は何気にハッピーエンド?なあたり、肩の力を抜いて、週末をダラダラ過ごすには良い映画かもしれないw。
あーただ、ホラー映画にありがちな無駄なシリアスが鼻につくかもしれませぬ。

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/07/11
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/12-041a65ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。