雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

永遠の0

闘病生活中の須藤でござる。
厄年の総決算か、邪なる者どものラストスパートなのか、激烈に不幸続き。
日常生活に支障をきたすレベルで腕やら背中が痛いのですが、とりあえず原因と対処法が分かったので、
リハビリがてら久々に駄文などしたためるテスト。

そんなわけで、先日観てきた永遠の0について感想など。
永遠の0っちゃあ、言わずとしれた話題の作品ですな。
端的に言えば観た感想は、素晴らしいの一言。
シナ朝鮮、反日メディアは軍国主義だなんだと腐しているようですが、てめえら本当に観たのかと問いたい。
問い詰めたい。
・・・・とはいえ、シナ朝鮮はまあ仕方が無い。
立場も違うし、理解できる頭脳が無ければ理解しようもあるまいて。
ただ、日本に生まれ、日本で生きる日本人でこれを観て心が動かない人間は、余程つまらない人間か、生きている価値がないとすら思います。
俳優の演技や演出面に注文をつけるのはまあいいとしましょう。
私もその辺は完璧とは思っていないですし。
でも、この映画が描いているのは何か。
何を主張しているのかを真正面から受け止めた時、やはりこの映画は素晴らしい、良い映画であるといわざるをえない。

この映画の批判でよくあるのが軍国主義だとか特攻隊礼賛などですが、
そもそも主人公はあの時代にあって「妻と子の為に生き延びたい」と願う人です。
劇中でもその姿勢や思想を指摘され「お国の為に~」な人におもいっきりぶん殴られます。
上層部が立てた無理な作戦に対して「こらあかんで!」と正論を言ってはまた殴られます。
言ってみればリベラルなタイプです。
でも、そんな人が最後には特攻に志願する・・・。
そのあたりの詳細な心の動きは描写されませんし、また描写できるものではないと思いますが、
実はそこが肝だったりします。

映画を観ていて、いくつか心にひっかかるキーワードがあります。
「言葉で言えるものではない」
「あの時代に生きた者でなければ・・」
「みんなそういった出来事を腹に抱えて生きている」
劇中の言葉とはちょっと違いますが、おおむねそうゆう意味です。
なんでもかんでも割り切って、きっちり言葉に出来るわけではないんですよ。
辛さだったり切なさだったり悲惨さだったり苦しさだったり悲しみだったり。
また、当事者でもない人間が後から事象のうわべだけをみてどうこう言えるわけがない。
そして、当事者はそれらを経てなお何事も無かったように生きている(そうでない人もいたでしょうけど)、或いは生きていったわけです。
言ってみれば映画という虚構で、過去の現実を鮮やかに切り出したわけです。
そこには戦争賛美も単なる反戦の思想もない。

奇しくも同時期に零戦を扱った映画を作った宮崎監督はこの映画をぼろくそに非難してました。
当初は「左翼ジジィはクズだなあ」と思ったものですが、しばらくたって思いなおしたんです。
宮崎監督は心の中で「負けた」と思ったのではないかと。
引退を表明して、自身の集大成として作った風立ちぬですが、
自信満々で世に送り出したはずが、思想的に真逆の(と思っている)百田さんの永遠の0に負けた、と。
となれば、叩くしか手がありませんもんねえ。
実に下らぬ。
ちなみに、風たちぬのエンドロールが終わった瞬間の私の感想は「で?」の一言でした。

まあ、観て下さい。
愛国右翼映画でも反戦映画でもないこの映画を。
私たちのご先祖様の生き様を。


スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2014/01/16
Trackback:0
Comment:4

Comment

*

私も見てきました。
とても良い映画だと思います。
が。

小説を読んだ時よりも、なんだか?な感じがしたんですよね。それが何なのかうまく言えないんですが。
少なくとも岡田くんに少々違和感があった、だけではないんですわ。

お身体、早く回復されるといいですね。
お大事に。
2014/01/17 【るる】 URL #- 

*

コメントありがとうございます!
ふうむ、原作とは微妙に違いますか。
逆に言えば、先に映画観て正解でしたかのうw
実は原作も買ったのでこれから検証したいとおもいまする。

身体は・・・一進一退ですかのう。
ホント、早く回復したいです。
2014/01/17 【須藤侠太郎】 URL #- 

*

なんと闘病中とは。。リハビリがてらでも無理なさりませんように。
更新お疲れ様です。

「永遠の0」かあ、まだ見ていませんが、いい日本映画がまだ残っていることが嬉しいです。
いつ見れるかな~~。

御体お大事になさってくださいませ。


2014/01/20 【シエル】 URL #- 

* 闘病といっても

入院している訳でもないし、呻きながらとりあえず仕事はしていますw

ここ数年、良い邦画が沢山ありましたが永遠の0はその中でもピカ一です。でも劇場でみるのはお勧めしませんなあ。理由は・・・劇場で確かめましょうw
まあ、言ってしまえば、涙でえらいことになるって事です。
2014/01/20 【須藤侠太郎】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/111-67ffc0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。