雪に白鷺闇夜に鴉・・・・・

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ 未分類 □

許されざる者を見て・・・こないでウルゥバリンsamuraiを観て来た

つーか見るまでも無く、あの偉大すぎる名作をリメイクしようて段階でどうかと思うし、
しかも聞くところによればアイヌ民族を出汁にマイノリティがどうしたとかって段階で吐き気がするわけで、いったいどこのバカよ?!と思ったらああ、あちらの方ですか。
悪人とかフラガールって良い(と評判の)映画を撮っている方のようですが、いちいちいちいち出自だの差別だのに意識が行くあたりでどうにも反吐がでますな。

まあ、それ以前に、そもそも「わざわざリメイクする意味が分からない」これにつきます。
一番の許されざる者はこの監督ですな。

つうわけで、わざわざ銭を払って胸糞悪くなるのもあれなのでウルゥバリンsamuraiを見ました。
ウルゥバリンってキャラクターは大好きで、ファミコンのマザーってソフトの必殺技がPKウルゥバリンだったりするぐらいです。

さて、内容はと言えば、全編にわたりアクションアクションの爽快なものになっています。
しかし、本作品のキモは、随所に溢れるテキトーな日本語や、間違った日本解釈に基づく違和感!これにつきます。また、英語で演技しているときは良い演技っぽいのに、日本語の台詞を言った途端に棒読みになる女性陣w。メイン以外のキャストの方も普段あまり日本語を話さない日系人なのか単に演技が素人なのか台詞が棒読みだったり、妙な日本語で苦笑いどころの話じゃありません!
中でも、お風呂のシーンとラブホのシーンのおばちゃんは爆笑?ものです。

ネタバレになるので多くはいえませんが、何気に日本人汚いって印象を与える要素がちょっとあれだし、真田さんの無駄使いが残念だったり、日本人的には色々残念なところもありますが、単純に楽しめる娯楽作品としては良作の部類です。

いやーおもしろかったw
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/09/27
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://sudouqtarou.blog56.fc2.com/tb.php/100-74866c80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。